タイムカードで勤怠管理をするとしても

###Site Name###

タイムカードで勤怠管理をする時には、その機械の使い方をはっきりと周知させる必要があります。昔ながらのかなり簡単に使える紙のタイムカードならばともかくとして、電子化されたタイプだとなかなか慣れない人も多いです。
特にそのカードでやれたかどうかの判断ができないことがあります。


紙のタイムカードならば、しっかりと打刻されたかどうかを自分で見れます。

電子カードの場合、表示がされないことが多いので、ある意味ではやりにくいといえます。


勤怠管理自体は、システム化した方が良い作業の一つであるといえます。

別に利益が出るわけではないですから、事務員の手間を増やすような形での勤怠管理はよろしくないです。


少しでも効率的に出来るようにしたほうがよいです。

但し、公正にやっていることが認識しやすい形にするべきです。

従業員は厳格に管理されていることは基本的には嫌います。

1人1人に合ったガジェット通信についてわかりやすく説明しています。

規則ばかりではどうしても士気に影響が強く出てきます。ですから、効率性は高いほうが良いですが、厳格過ぎるのもよくないです。

セキュリティや勤怠管理とは、あまりにも行動数が多くなりますと逆に使いにくくなります。

そこを理解して、制度を作り、機械を導入することです。
人数によっても求められるレベルが違ってきます。

タイムカードの勤怠管理のクチコミ情報を求めています。

それこそ、数人程度の勤怠管理で完全な電子化をする必要性はないです。

それは手でやっても大して効率性は変わらないです。



逆に工場のような大きなところは、機械化しないと面倒です。